アダルトSNSのアルバムを開く

初顔合わせの日の天気が、雨予報だったので、延期してもらおうとメールしたら、その日しか空けられなかったから、延期するなると、来月になると言われ、さすがにそんなに待てないので、雨の中、いってきました。
一応、写メで横顔?は見たことがあったんだけど、横顔だけじゃわからないので、他の写メくれとお願いしたら、アダルトSNSのアルバムをみてくれと指定してきた。4桁のキーを教えてもらって、見てみると、なんと横顔ばっかり!横顔はもういいよ!お腹いっぱいだよ!
正面ないの?メールしても返事なし。横顔しか撮らない女?正面から見たらヒラメみたいなんかな。雨の中ブサイクに会いにいきたくねーなー。

メール

メールが来て、メールにアドレスまで書いてあったけど、これってルール違反だよね。今朝には、先方は、退会していたけど怪しすぎる。騙して有料サイトに誘導しようとしてるのかな?まぁ、こんなのに引っ掛かるのは、余程前後の見境が付かない人だけでしょ。恋愛系出会い求めてないって書いてあるはず…なんで「俺の彼女に何か言った?」とかしつこいし言われちゃ困るなら、メールして来ないで欲しい。人のとこ見に来るなんて小さい。興味ないしワケわかんないことに巻き込まないで欲しい。

アダルトライブチャットでのw

アダルトライブチャットをするようになってから使うようになったwですが、
最初は私も、使い分けないでwを使う人にはムッとした方です。
wは含み笑い、ニヤリ笑い、冷やかし笑いなど、馬鹿にされてると感じることがあり、自分ではなるべく(笑)の方を使っていました。
ただ、慣れてきたのと、普通の笑いでも w を使っている人が多くなってきたことで、私も一個のwは普通の(笑)として多用するようになりました。なんせ打ちやすい。
でもwwwに関しては、今でも馬鹿笑いに見えるので、多用はしていないつもり。
ホントにあははははは… の時は使いますけど。
やっぱり世代間の違いなんですかね。
でも一応ネットで向こうの人の年齢が分からないときはアダルトライブチャットなんかでも気をつけてるつもり。
ライブチャットをよく使う年齢としては、結構上の方だから、多分私の方が上の確立高いんですけど、一応気をつけてるつもり。

アダルトSNSで出来ること

自宅では毎晩のようにオナニーに明け暮れる私です。パソコンとインターネットに求めるもの、それはエロです。エッチなコンテンツ以外はほとんど使いません。私の閲覧履歴はすっかりエロ一色です。そんな私が最近ハマッているのがアダルトSNSです。ここにはエッチに興味を持つ男女がいっぱいです。

同性によるコミュニティーでワイワイと下ネタを言い合って楽しむのもアリ。ときには女の子を誘い込んで男女混合でエロトークをするのもアリ。そこでの楽しみ方に縛りはなく、自由なエロ活動を認められています。

匿名性のあるコミュニニティーであれば、自分の素性が知られることもありません。リア友には言えないようなことでも言い合えます。たとえば性病にかかって悩んでいるとか、性感染症にかからないための予防法について相談してみたりとか。みんなそれなりに経験ある人物ですから力になってくれます。

またこれからセックスしようと考えるビギナーにも良い場所です。「セックスとはどういうものなのか」ということについてリアルな意見がもらえます。だからアダルトSNSには童貞や処女もたくさんいるんですよ。積極的にセックスを手馴れとする人たちと接し合いましょう。

最後にアダルトSNSの醍醐味をお伝えします。それは出会ってセックスできることです。アダルトと名を持つほどのコミュニティーですから、そこに来るような人はみんなムラムラしています。男も女もセックスしたくて仕方ないのです。

アダルトSNSとロリータ

コミュニティーサイトで可愛いい女の子と出会いました。年齢は24歳なんだけど、目はクリクリとしていてとても可愛いです。見た目としては10代前半といったところでしょうか。いわゆるロリータで、そこからはとても汚れなんて感じません。しかし彼女はパン子に違いないのです。なぜなら私たちが出会った場所はアダルトSNSだったのですから!

彼女は可愛い顔をして下ネタを連発します。チンコとかマンコとか普通に言っちゃうのです。少しくらい恥じらいを見せてくれたほうが好みではあるんですけどね・・・。しかしそれはセックスアピールとしてやっているのでしょう。私と彼女はここのところずっとメールのやり取りをしていますし、すっかり彼氏彼女といった付き合いでしょうか。だからいつセックスしたとしてもおかしくない状態です。

ちょうど彼女が恋人と別れたことを確認しました。私は真っ先に彼女の相談者として名乗りを上げました。そして落ち込む彼女を支えるのです。「電話だけでは寂しいから会いたい」と言われて、私たちは会うことになりました。

やっぱり元気を付けるには食べ物です。美味しいものを食べていれば元気がでます。お酒も入るようになるとちょっと彼女の態度が変わってきました。目が据わってきて少しエッチな雰囲気を醸し出します。そして私に寄りかかってきます。

「わたし最近エッチしてないの!エッチしたいの!」

そう言いながら彼女は私の股間をさすります。私はけっこう酔っていたけど勃起しました。だから店を出るとホテルに連れて行きました。

アダルトSNSで逆援助交際

アダルトコンテンツを使っていてマトモな目に遭ったことがありません。アダルト動画サイトではワンクリック詐欺に遭うし、出会い系サイトを使っていたら後払い請求に遭うし、せっかく貯めてきた貯金もすっからかんです!

しかしお金は無くなっても性欲はなくなりません。だからアダルトSNSに登録しました。これもまたアダルトコンテンツですが、無料で使えるのがSNSですね。私はいくつものSNSを併用していますが、使いまくっても請求を受けたことがありません。つまり悪いサービスじゃないということですね。女性会員も本物っぽいし安心です。

当初は女の子とエッチすることだけを目的としていましたが、そんなのは簡単すぎます。なんせ向こうから誘いが来るくらいなんですから。だから私は敢えて逆援助交際に挑んでみます。ちょうどお金がないときだったし、これまで騙された分のお金を取り戻したかったです。私はメール交換をして出会った女性に交渉してみました。その女性はキャリアウーマンだったのでお金持ちです。「1万円くらいなら援助しても構わない」と言ってくれました。実のところ電気代も滞納していたくらいで本当にやばかったんですよ。私はとりあえず前金として五千円を貰い、それを電気代の支払いに当てました。

先にお金を貰っていて遅刻なんかできません。私は待ち合わせの30分前に現地へ向かいます。そして彼女が来るのを待ちました。結局1時間も待たされちゃいました。ちょっとムカつきましたがお金を貰うまでは我慢することにしました。

ホテルでは彼女の望むことを全部してあげました。だから凄く満足してもらえたようです。「生活に困っているんだよね?」と言って2万円をくれました。その優しさに涙がでました。

アダルトSNSでモテモテ

女の子はコミュニティーサイトが好きです。その多くのサービスでは女性が過半数を占めるといいます。アダルトSNSでもまたその傾向が見られるようです。それが出会い系サイトとの大きな違いですね。出会い系サイトだとどうしても男性のほうが多くなってしまいます。だから女性の奪い合いになってメールが下手な人は負けてしまうのです。アダルトSNSなら女性が溢れているのでそのような心配もありません。消極的な姿勢でいても、向こうから接触してくれるくらいです。

実のところ私は草食系男子です。獲物を狩りにいくなんてできません。それでいて獲物が欲しいという気持ちもあるんです。草食系男子というか、ただのヘタレなだけかもしれませんが・・・。

自分から狩りにいけないものだから、
いつしか狩られる側になっていました。

肉食系女子たちが私を奪い合ってきます。我も我もと私へのアプローチは増えていく一方です。そんなに格好よくもないのにモテモテです。

「わたしエッチ上手いよ!」とか「いっぱい貢いであげるから!」などと手段を選ばず誘ってきます。どなたも美味しい条件を提示してくれるものだから断ることができません。だから私は片っ端から付き合うことにしたのです。

私は日替わりであらゆる女性をいただきました。彼女のお金でラブホに入って朝から晩までパンパンパン!次の日は人妻の家に招待されてパンパンパン!一体どれだけの女性とセックスしたのか、もう顔すら覚えていません。それでも私の身体の一部にはその記憶が刻まれていっています。ますます黒くなるチンコを見て、私は誇らしく思うのです。

アダルトSNSで安全に援交

オジサンが若い女の子とセックスするのって簡単なことじゃないんですよ。普通にナンパしても「キモイ!」って拒絶されちゃいますからね。最低条件としてお金を差し出す必要があります。そうしなければ嫌々でもセックスしてくれません。
これまでは街頭で援交していました。女子校生が沢山いるところへ出向いて実践します。ただしこれにはリスクがあるんですね。それは相手が未成年かどうか判別できないということです。相手が言うことなんか信用できませんよ。お金ほしさに成年だと偽る女の子なんていくらでもいますから。そしてそれがバレたときに責められるのは大人である私たちです。その事実を知らなかったと言っても通りません。しっかりと罰されてしまいます。
私はそのような目に遭いたくないので、アダルトSNSで出会うことにしました。年齢認証があるものであれば、それを未成年が使うことはできません。だから私たちは確実に18歳以上の人と出会えます。そして出会った相手とセックスすることができます。それについて誰からも責められる筋合いがないのです。
援交も法律に則っていれば安心して行えます。
18歳だという女子校生と出会いました。オッパイがGカップだから1万円上乗せしてくれと言われます。私は結局その子に2万円を支払うことになりました。しかしゴム無しです。私のチンコは若いマンコの肉壁に挟まれながら至高の時を得ました。そしてドピュドピュと勢いよく溜まっているものを発射しました!

アダルトSNSでエロトーク

ちょっとエッチなくらいがモテたりします。あまりにマジメだったりしたらキモイでしょう?本当はみなさんもスケベなことを考えていますよね。男性も女性も毎日のようにオナニーしているはずです。さもなければ欲求不満によって精神を保てなくなりますからね。精神が蝕まれると身体にも悪影響がでます。肩こりが酷くなるとか、胃腸が痛くなるとか、最悪の場合には胃潰瘍にもなったりします。こういった弊害に遭わないためにも日ごろから性欲を満たしましょう。

たとえセックスでなくても、エッチな会話をしているだけで気分が良くなったりします。特に異性とのエロトークは楽しいですね。そんな友達を作るには無料掲示板?それとも出会い系サイト?私ならアダルトSNSを使いますね。アダルトに特化したコミュニティーだから、よりエッチなやり取りに期待できます。

若い女の子の性生活を聞いてみるのもいいでしょう。最近の女の子は色んなプレイに手を出しています。バイブやローターを使ったオモチャ遊びなんか当たり前だし、緊縛や浣腸などといったSMプレイにも意欲的です。私はそのようなプレイを始めたのは20代になってからなので、それを10代からやっているという話を聞くと興奮します。もう我慢できなくなってその女の子の写メを見ながらオナニーしちゃいますね。そしてディスプレイに向かって顔射ですよ!

ときどき彼女たちをナンパしてみます。

「良かったらオジサンのオチンポ咥えてみない?お金あげるよ!」

しかしなかなか誘いに乗ってくれません。エロトークは気軽にできても、セックスとなると気軽にはしてくれないようです。

アダルトSNSでSM体験

私って遅漏なものだからなかなかイケないんです。普通のセックスではなく、もっと刺激的なプレイなどをしなくてはなりません。さもなくば1時間でも2時間でも絶頂しないままです。最近やりたいのはSMです。女性にムチ打たれて感じてみたいのです。やっぱりやるよりやられるほうがいいですね。身体に迸るムチの感覚とは、それはもう素敵なものなのでしょう。

私はそんな体験をしたいものだから色んなところで出会いを求めました。もちろん出会い系サイトでも求めました。しかしサクラばかりで話になりませんでした。次に無料掲示板でも試みましたが、なかなかいい人材が見つかりませんでした。そして最後の綱として頼ったのがアダルトSNSです。

普通のSNSなら以前から知っていたのですが、アダルトSNSというのは初めてでした。アダルトコンテンツとなることでどのようなことができるのか、それに対して期待を大きく膨らませました。

やはり私をびっくりさせたのは日記ですね。彼らはコミュニティーを通して異性と出会ってはセックスしまくっていたのです。その様子を事細かに記されていたのです。しかも画像つきで!なかには亀甲縛りの様子もありました!みんなのセックスへの拘りを知ることになりました!

だから私もそこでM女性を探すことにしました。手始めに大きなコミュニティーに入ってみます。そこは「SMファン大集合」というコミュニティーです。入って間もないのですが「SM大乱交会」というイベントに参加させていただきました。